フ ジ コ ゴ ト 。
ぐだぐだすぎる日常
--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  good

(C) 2008『グーグーだって猫である』フィルム・コミッティ


「漫画家麻子さんの家に一匹の猫がやってきました」


で、話題の「グーグーだって猫である」観てきました。
キョンキョンかわいい?。
上野樹里ちゃんもかわいすぎました。

ラスト・フレンズですっかり上野樹里ちゃん教な私と母さん、
かわいいよね、あんな髪型したいわぁ、と帰りにラーメン啜りながら頷き合い。
犬堂一心さんの作品には私弱いので、
あのほんわ?かした雰囲気と猛烈なる優しさに、ほのぼのしました。

んー、でも期待以上ではなかったかな。
もっと動きがあるかと思ったけれど、その辺は曖昧なるままで。
家に帰ってから、大地くんに愛着湧いたのは当たり前のことだけれど。


この映画を見るよりも前に、
知り合いの方のワンちゃんが亡くなった、って話を聞いてて、
ペットの儚さとか切なさとか。
人間の3倍のスピードで年を取ってる動物を見ると、
同じように過ごしてても違うんだなぁと思いました。


10年前に家にやってきた大地くん。

最初、ハスキー犬が欲しいと父さんにおねだりしてたら、
インコちゃん二羽買ってきて

「ハスキーとけん」

なんて言われた時は悲しくなりましたけれど。

でもそれを勝手に飼ってもいいんだ、と解釈して、
新聞の折込広告見て姉と一緒に自転車押してもらいにいったことは忘れません。

あの頃はあんなにかわいかったのになぁ。

いや、今もかわいいんですけどね。

でもどっちかと言えば、今はソウルメイト。


散歩の行き道張り切ってるくせに、
帰りはへばってる大地を「頑張ってー」と励ましながら帰るのがほぼ日課です。




ところで台風向かってるようですね。
滋賀はいつもそれるか、夜中に通過していくかどっちかなのですが。
飛ばされないように根をはって明日も生きてゆきます。


金曜から飛び石で飲み会なんですが、
どれも流れたら悲しいなぁ??。

台風よ、どこかへ行って下さいまし。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。